三和ゆめランド福祉農園推進協議会

 

目指すべき将来像

長崎の地域農業が抱える現状と課題、そして目指すべき将来像。

長崎県のびわの特産地である長崎市南部地域では、過疎化や農業従事者の超高齢化による労働力の低下、さらに後継者不足による耕作放棄地の増加などが深刻な問題となっています。私たちは農林水産省6次化法の認定事業所をはじめとした関連事業所の特性を活かし、農業の環境を整備するとともに、障がい者福祉の知見を有する人材の育成を行い、農業と福祉のまちづくりとしてのモデルケースとなる取り組みを進めています。この取り組みにより、若年者の就労機会を推進し、共生・対流人口を増加させ、地域の復興を目指しています。

幸せの「しくみ」づくり

「農」と「福祉」の連携による幸せの「しくみ」づくり。

地域農業従事者と社会福祉法人の連携
長崎市南部地域で特産の「びわ」を中心に生産する農業従事者と連携し、障がいをもった方々等に農業ノウハウの取得研修を実施。農村を障がい者の就労訓練・雇用の場として活用するとともに地元農家には講師としての収入を生み出すなど、「農」を活用した「医療・福祉」との連携のかたちをつくります。
地元特産の「びわ」を活用した新商品の開発
「農」と「福祉」の連携によって栽培された「びわ」を加工して焼き菓子やお茶等の新商品を開発し、統一パッケージで地域ブランド化を目指しています。 これらのオリジナル商品は就労支援B型施設である カフェやショップ等で販売され、栽培・加工・販売の過程で障がい者の就労訓練・雇用の場を生み出しながら、地域全体が活性化する仕組みを推進しています。

地域内外の人材に応じて、誰もが安心して暮らせる「社会」を作っていく。

びわの木まつり

地元特産の「びわ」と私たちの取り組みをより広く知っていただくために、地域住民の方々や障がいを持った方々とそのご家族を対象としたイベント「びわの木まつり」を開催。クイズやゲーム、「びわ」加工品の試食などを通して、楽しみながら「びわ」の魅力や「福祉農園」の取り組みを知っていただく場となっています。地域の方々との交流や交流人口の増加も目的とし、「農」と「福祉」の連携によって生まれる地域の活性化をこれからも継続的に広げてまいります。

障がい者支援と農業従事者の研修生受け入れ

「農」と「福祉」の連携をより深め、拡大していくため、農業分野と福祉分野の双方について専門的な知識を有する人材の育成を進めてまいります。年間を通し「びわ」栽培を中心とした農業の知識・技術の習得等「農業研修」と、障がいについての基本理解や農作業と連動した介助方法等「福祉研修」を実施し、地域農業と福祉の将来を担う人材を育成。さらに地域に研修生を受け入れることで交流人口の増加も図ります。

農林水産省の支援を得て活動を行っています。

関連団体組織図

関連団体概要

社会福祉法人  出島福祉村
【設立/平成13年4月1日】 【代表/池田賢一 (平成27年現在)】
〒852-8106 長崎県長崎市岩川町2-3 池田ビル5階 TEL.095-842-8222 FAX.095-842-8230
【事業内容】 デイサービス事業(浦上駅前デイサービスセンター)/放課後等デイサービス事業(浦上駅前、南山手)/
就労支援B型事業所(三和ゆめランド、南山手KIZUNA Cafe、KIZUNA Shop)/就労支援A型事業所(三和の杜)/
生活介護デイサービス 平成28年度開設予定
株式会社  スカルパ
【設立/平成12年8月22日】 〒852-8106 長崎県長崎市岩川町2-3 TEL.095-844-0338 FAX.095-844-0348
【事業内容】 食品販売事業/貿易事業/加工食品の原料開発及び研究/環境事業/福祉コンサルタント事業/不動産事業
株式会社  出島ファーム
【設立/平成27年2月】 〒852-8106 長崎県長崎市岩川町2-3 TEL.095-844-0338(スカルパ内) FAX.095-844-0348
【事業内容】 農業生産および企画/加工販売

障がい者就労支援施設

三和ゆめランド

長崎県長崎市宮崎町893
TEL.095-892-3600 FAX.095-892-3612

三和の杜

長崎県長崎市宮崎町1194-3
TEL.095-833-7020 FAX.095-833-7039

カフェ&ショップ

KIZUNA cafe・KIZUNA shop

長崎県長崎市南山手4-28 ヴィラ・コモン南山手 1階
TEL.095-822-8211

PAGETOP