社会福祉法人 出島福祉村|【公式】オフィシャルサイト

095-842-8222
お気軽にお問合せください。

社会福祉法人出島福祉村

社会福祉法人 出島福祉村

人も社会も自然も、多様性こそすばらしい

私たちが暮らすこの社会には、多くの人が在していて、それぞれが、それぞれの事情を抱えて生きています。
なかには、身体や知的な部分に障がいを持った人たちもいます。
生まれつきの人、何らかの事故や病気の後遺障がいを持つ人など、キッカケは様々です。
また、家族と暮らす人、ひとり暮らしの人、その状況も、またそれぞれです。
この社会は、そんな障がいを持つ人が、健常者と同様に安心して暮らせる環境になっているのでしょうか。
私たちは、障がい者も健常者も、誰もが幸せを感じながら生きていくことができる社会を作っているのでしょうか。
我々は、幸せの「しくみ」を障がい者も健常者も区別なくデザインしていきます。
学びの場を提供したり、大人になって働き自立したり、将来のために貯蓄したり、そんな健常者にとっては当たり前の幸せを、障がいを持っている人も享受できる社会をデザインし、行動に移していきます。
すでに、日本のあちらこちらで動き始めています。
私たちも、いろんな取り組みを始めました。
でもまだまだ始まったばかり。
みなさんのチカラが必要なのです。

出島福祉村グループは、社会福祉法人出島福祉村・株式会社出島ファーム・株式会社スカルパが三位一体となって、『誰もが幸せを感じる社会をつくる』を理念に、福祉・農水産業・地域貢献が一体となったまちづくりを目指しています。

社会福祉法人 出島福祉村

障がい者福祉の支援

1.暮らし、働き、差別のない地域で生きていく(終の棲家、家族支援)
2.地域福祉のモデルケースとしてシステム化を行い、社会に発信する
3.自立のための資金を継続的に生み出す仕組みをつくる(観光農園整備)

地域再生

1.農水産業との連携による再生
2.地域内外法人との連携による再生
3.雇用創出(健常者・障がい者)による再生
4.観光農園事業の推進による再生


出島福祉村グループのおもな活動内容

就労継続支援B型事業 三和ゆめランド

障がい者の自立を目指し、びわ茶や珈琲等や、ジャム・洋菓子などの製造を行っています。
日々研鑽を高め、びわ茶の味や品質については私はちが自信をもってお届けします。
また花苗事業、野菜やびわ栽培にも取り組んでいます。

就労継続支援B型事業 KIZUNA cafe

大浦天主堂にほど近い眺めがよくお洒落なカフェです。
地元食材を使った料理や、専属パティシエがつくる、びわタルトやケーキが人気です。
スタッフは障がい者もおり、社会参加と就労支援を行っています。

高齢者デイサービス事業 浦上駅前デイサービスセンター

「ゆとりのある少人数で個別の対応」をモットに家庭の雰囲気そのまま過ごしていただけます。
心身の状態を把握するとともに、生活や環境面を考慮した介助を心掛け、またレクレーションでは利用者の趣味や個性を生かし、季節に応じた行事を行っています。

放課後等デイサービス事業 「うらかみえきまえ」「みなみやまて」「いわかわ」

身体障がい・知的障がい・発達障がいのある、もしくは自治体からサービスの利用が必要だと認められた小学生から高校生までのお子さんが放課後や長期休暇中に通うことができる施設です。